イベント情報


江戸川乱歩×丸尾末広の世界
パノラマ島綺譚

2011年3月8日(火)〜20日(日)までの期間、「江戸川乱歩×丸尾末広の世界」が開催されました。
2009年手塚治虫文化賞新生賞を受賞した丸尾先生の原画などが展示されました。
また、3月12日(土)にはトークショーは前日に発生した東日本大震災のため中止となりました。



丸尾末広

1956年、長崎生まれ。
「少年キング」や「少年マガジン」に熱中し、漫画家を志す。
1982年に初の単行本「薔薇色の怪物」を1984年には代表作「少女椿」を、ともに長井勝一の青林堂より刊行。
夢野久作や小栗虫太郎、江戸川乱歩などの影響を匂わせる耽美かつ緻密な作分で人気を博し、漫画の執筆以外にも
国内外のミュージシャンのアルバムジャケットや劇団のポスターなどを手掛けて注目を浴びる。
2007年より「コミックビーム」誌において連載した江戸川乱歩原作の「パノラマ島綺譚」で第13回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。
その作品はフランス、イタリア、スペイン、ドイツなど各国語に翻訳され、海外における注目度も高い。
公式サイト http://www/.maruojigoku.com