イベント情報



しりあがり寿×安齋肇原画展

2014年3月4日(火)〜16日(日)までの期間、しりあがり寿×安齋肇原画展が開催されました。
題して「ソラミミ弥次喜多道中しおがま編」!




















スロープには大きなキャンバスが掲げられ、しりあがり先生、安齋先生をはじめ、来場されたみなさんが絵をかきました。





また、3月9日(日)には、お二人のトークショーも開催されました。
聞き手は、長井勝一漫画美術館のトークショーではお馴染の手塚能理子さん(青林工藝舎代表・『アックス』編集長)。



会場には前もって申し込んだ50名が参加。
なんと二日で定員に達しました!
というわけで、会場にはカメラが設置され、となりのミーティングルームにモニターを設置。
会場に入りきれなかった方たちは、こちらで観覧していただきました。



しりあがりさんがビッグコミックとガロというまったく正反対の雑誌に投稿したそうです。
安齋さんはタモリさんと飲みにいったときのことを楽しく話していました(^^
手塚さんは長井さんの思い出話を披露してくれました。



お三人もキャンバスを見て談笑してました(^^ トークショーの後には、本やTシャツなどを購入された方へのサイン会。







〜 しりあがり寿 〜



1958年静岡市生まれ。
1985年「エレキな春」で漫画家としてデビュー。
86年「満員電車とエーデルワイス」で月刊漫画『ガロ』に登場
パロディーを中心にした新しいタイプのギャグ漫画家として注目を浴びる。
近年はエッセイ、映像、ゲーム、アートなど多方面に創作の幅を広げている。
2006年より神戸芸術工科大学先端芸術部教授として就任。
現在、朝日新聞に四コマ漫画「地球防衛家のヒトビト」を連載中。



〜 安齋肇 〜



イラストレーター、アートディレクター。
1953年東京都生まれ。
音楽に関する様々なビジュアルから、キャラクターデザイン、雑誌連載、など多岐に活躍。
TV「タモリ倶楽部」の『空耳アワー』ではソラミミストとしてレギュラー出演中。
「勝手に観光協会」「安齋肇とフーレンズ」「OBANDOS」「LASTORDERZ」など、所属ユニットも多数。
東京イラストレーターズソサエティ会員、第3回みうらじゅん賞受賞。