1962年に長井勝一によって設立された青林堂は白土三平の「忍法秘話」などの貸本を出版します。
 そしてその資金をもとに「忍法秘話」に続く「カムイ伝」を連載するために1964年雑誌「月刊漫画ガロ」を創刊します。
 「カムイ伝」は当時の学生たちに受け入れられ、たちまち「ガロ」の人気は上昇します。
 また水木しげるの「鬼太郎夜話」、林静一「赤色エレジー」などが掲載。つげ義春、池上遼一、矢口高雄なども執筆を始めます。
 1970年代になると古川益三、鈴木翁二、安部慎一がデビュー。彼らは「ガロ三羽がらす」と呼ばれすばらしい作品を残しました。
 またこの頃から貸本時代から人気のあった永島慎二が執筆を開始。このほかにも上村一夫、蛭子能収、どおくまんなどが登場しています。1980年代に入ると、みうらじゅん、内田春菊、岡崎京子などがデビューします。
 しかし次第にガロの人気が低迷、ガロ存続の危機の中、90年ついに青林堂はツァイトに経営を譲渡、ガロはなんとか持ちこたえることができました。
 しかし96年長井氏の死去とともに「ガロ」は衰退への道を歩み始めます。
 97年「ガロ」は休刊。その後98年復刊しますが一年を待たずに再び休刊。
 「青林堂」自体が窮地に陥りました。

 その後、1999年大和堂が青林堂の経営を引継ぐことになり復活するも、再び休刊となってしまいました。

現在、長井の志は、『ガロ』副編集長として活躍した手塚能理子氏が主催する青林工芸社より『ガロ』の実質的な後継誌『アックス』によって受け継がれています。